アナログキー交換と同等の難易度でセルフ交換できるカードキーが増えています。

カードキーは自分で設置できる?

 

カードキーで解錠する人

カードキーもどんどん新しい商品が登場していて、最新モデルではセルフ鍵交換の難易度が下がっています。

 

従来のタイプは専用のカードキーを読み込ませる必要があり、鍵本体の大きさがありました。

 

既存のドアに大きな鍵を取り付ける場合は、穴開けやドリル型ビスによる固定を求められるなど大掛かりな工事が必要でした。

 

 

 

最新モデルは、交通系ICカードのような非接触カードキーが主流です。

 

かざすだけで開錠ができるので、鍵本体をコンパクトにできて、既存の差し込むタイプのシリンダーへ交換するだけで付けられる商品がよく売れています。

 

最新モデルは、普段使っているスマホや交通系ICカードを玄関の鍵に登録して使うことができます。小型・省電力化によって電源供給タイプはほとんど使われなくなって、電池式が主流になっています。

 

通常の差し込むタイプのアナログキーを交換するのと同等の難易度でセルフ交換できるタイプのカードキーが増えています。

 

 

また、最近ではスマートフォンと連動し、ハンズフリーでドアの開閉ができる錠が登場しています。詳しくは別のページで紹介しています。

▶ハンズフリーオートロックで利便性と防犯性UP

 

 

セルフ交換でオススメのカードキー

 

価格:2万5千円前後
取り付け方法:既存のシリンダーに交換(主にMIWA製鍵への増設)

 

 

価格:5万円~
取り付け方法:既存のシリンダー、サムターンを外して設置

 

 

価格:2万7千円前後
取り付け方法:既存シリンダー、サムターンを外して設置

 

 

 

 

安すぎるカードキーに注意

 

カードキーを差し込む女性

メインキーをカードキーに交換する場合、目安として商品代2万円以上のものをオススメします。

 

鍵穴のないタイプは防犯性能の高い一方で電池切れのリスクが高いです。鍵穴がなくて電源も切れてしまえばプロの鍵開け業者でも破壊するしかありません。(勝手口など他の侵入経路があれば別)

 

 

電池式のカードキーは電池切れが近づくと知らせてくれる機能がついていますが、安物は電池切れお知らせ機能がなかったり精度が悪い場合があります。

 

また、非常開錠用の鍵が付いている場合は、防犯性を確認しましょう。

 

 

ピンシリンダーで開錠できる機能が付いているとピッキングされてしまうリスクが高まります。商品選びや工事など、通常のアナログ鍵に比べるとカードキー交換の難易度は多少高めです。

 

レビュー評価の良い商品を選んで、安さよりも信頼性を重視するようにしましょう。

 

 

一度業者に相談してみることもオススメ

 

作業着を着た鍵業者の男性

差し込むタイプのシリンダー錠は通販でもMIWA製、GOAL製など一流の業者が扱うのと同じシリンダーを手軽かつ安く購入できます。

 

カードキーをはじめ、電子キーの場合は通販でよく売れているのはDIY向けの簡易的な物が中心です。鍵業者ではプロ向けの取り付けは難しいけど高機能のカードキーを扱っています。

 

 

性能自体が変わってくるので、簡単に通販で買えるカードキーの情報を調べた上で、業者にどのような商品があるのか相談してみるとよいでしょう。

 

業者に依頼した方が高いですが、信頼性や機能性、見栄えなどでプラスアルファの費用を払う価値を感じられるかもしれません。