鍵交換費用を安く抑えるなら鍵屋さんに依頼するよりセルフ交換の方がお得です。

鍵屋さんvsセルフ、どっちが安い?

 

費用的には鍵屋さんに依頼すると商品代に加えて作業料や出張料を取られるので、セルフで商品代だけの出費で抑えた方が圧倒的に安いです。

 

素人の作業手間取ってしまう機会損失を考慮しても、セルフ交換の方がお得です。例外として、穴あけ作業が必要など失敗リスクが高い場合や、鍵をなくして出張対応で業者を呼ばないといけない状況は鍵交換した方が有利になるケースがあります。

 

 

鍵交換費用の相場

 

1万円と電卓

業者の交換相場(工賃、出張料、商品代込み)

  • ギザギザの鍵への交換:1,1000~15,000円
  • 防犯キーへの交換:18,000~25,000円
  • カードキー:50,000~100,000円

 

 

セルフ交換(部品代のみ、工具代含まず)

  • ギザギザの鍵への交換3,1000~5,000円
  • 防犯キーへの交換:5,000~10,000円
  • カードキー:10,000~30,000円

 

 

おすすめの鍵

 

2本のギザギザした形の鍵

当サイトがもっともオススメするのは、昔ながらのギザギザの鍵からピッキングされない防犯キーへの交換です。

 

交換による効果があり、作業難易度と失敗リスクが低いのでリスクや費用対効果、時間効率などのバランスが良いです。

 

 

カードキー交換など、穴を開ける作業になると、節約度は大きくなります。特に最近では大手通販サイトでカード、番号、スマホ連動など最新の電子キーが安く売られるようになりました。

 

業者で買うと部品代だけで5万円取られるものがネット通販だと同じ物が2~3万円で売られていることもあり、工賃ではなく部品代の差額も大きくなります。作業に1日費やしたとしても、合計で3~5万円節約できればセルフ交換する価値は大きいです。

 

 

しかし、穴あけなどの作業を求められると失敗した時のリスクが大きいです。

 

間違って開けた穴を塞ぐことは簡単にできても、玄関は家を象徴する部分で見栄えが悪くなると家全体がみすぼらしく見えてしまいます。

 

セルフ交換失敗でドア交換が必要になると、リフォーム費用で15~20万円ほどかかってしまいます。リフォームや日曜大工、DIYの経験がない人は、いきなり加工を伴うセルフ交換に挑戦するのはハードルが高いです。

 

 

 

鍵をなくした時は交換を検討する

 

業者の鍵交換の風景

鍵をなくして鍵開け業者の出張サービスを利用する場合は、一緒に交換してしまった方がお得になる場合があります。

 

業者によって異なりますが、交換するのであれば鍵開けまでの作業をサービスしてもらえることがあります。

 

料金は業者によって差が大きいですが、通常の鍵開けだけだと出張料、作業量込みで1万円前後です。防犯キーの交換を依頼すると総額で2万~2万5千円になり、安い物を選べば鍵開け料金から1万円ほどの差額で防犯鍵に交換してくれます。

 

 

ネットで安い防犯鍵を買えば5千円程度なので、単純な費用で見ればセルフ交換の方がお得ですが、5千円の差額なら手間も含めると業者に任せた方が賢いと考えることができます。

 

鍵を紛失した時は、拾った人の不正利用リスクや、新しく合鍵を作る費用もかかります。総合的に判断すると業者を呼んで対処するのであれば、鍵交換を検討する価値は高いです。